--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-06

『アルゴ探検隊の大冒険』って傑作、知ってますか?

こんばんは、ロッカリアです。
この映画も1970年代に、TVの洋画劇場(特に「月曜ロードショー」!)で何回もオンエアしていて、その度に必ず見た記憶があります。
DVDでコレクションしていますが、今日は1月1日発売されたばかりのフィギュアをゲットしたので、記事にアップしてみました。

DSC00267.jpg


見よ、この勇士を!
映画の中では、なんと言ってもこの骸骨戦士の登場が(しかも七体!)一番好きだった。
そもそもこの『アルゴ探検隊の大冒険』(1963年制作)は、監督や出演者には全く興味が無く、特撮をあのハリー・ハウゼンが担当していると言う一点に惹かれて見る映画だ。
七人の骸骨戦士が次々に襲って来るラストの戦いは圧巻だ!

DSC00266-22.jpg

中身は、剣を振り上げているヴァージョンと取り替えられるようになっていて、気合の入れようが凄い。
箱の帯にも書いてあるように、きっとこのフィギュアを使ってYOUTUBEにアップする人、いると思います。
勿論それは僕じゃありませんよ。
なぜなら箱から出しませんから。
そう言えば、今年に入ってから、これとよく似た映画を見たな……。(あれね、アレ)

おお、もうすぐ「俺たちの旅」(BSーJAPAN、毎週水曜、木曜23:00オンエア中!)が終わる…。



スポンサーサイト
2009-11-21

『ターミネーター4』のモト・ターミネーター到着!

こんばんは、ロッカリアです。
今日帰宅すると、アマゾンで発注しておいたDVD『T4』が来てました。
ブルーレイが欲しかったんですが、このモト・ターミネーターはDVDにしか付いていませんでした。(こうやって、DVDを買わせようとするのね…)

DSCF0091_20091120235714.jpg

結構大きくて、ギミックとしてヘッドライトが光ります。奥さんが箱から出しちゃダメ!といつもの様に言うので、今回もしばらくはこの状態です。
ベースとなっている土台も結構厚みがあってしっかりしているので、埃の掛からないラックの中なら大丈夫かと……。(でも、ラックの中はもういっぱいです…)
T-600のヘッドが付いたブルーレイ・ヴァージョンはすでに在庫切れ見たいです。
これも5000台の限定商品なので、おおっと思った人は早目がいいですよ!
ん~、しかしヘッドライトだけでも点けてみたいなぁ……(ダメ!!!)

2008-12-08

『狼男』も下から見ると…

またまたご購入……。
こんばんは、ロッカリアです。
ユニバーサルが誇るクラシック・モンスター、『狼男』のヘッド・ノッカーを。毎月このシリーズを一体づつ買って行こうと心に決めました。(勝手に…)
DSCF0425-wolf.jpg

これは良く出来ていて、迫力あるでしょう。でもね、素人の私が箱から出して撮影すると、なんと……。

DSCF0426-wolf2.jpg

台無し……。(プ~ッ!)
ん~、素材は一緒なのに、下から煽って撮ったのがいけないんですね……。
ある意味夢見そう……。

2008-11-23

また買って…、『ビートルジュース』

こんばんは、ロッカリアです。
USJのユニバーサル・モンスターズ・ロックンロールショーのメインキャラ、ビートルジュースのヘッドノッカーを衝動買い……。

DSCF0402-a.jpg

中身はこんな感じ!(出しちゃダメ!)

DSCF0401-a.jpg

映画はティム・バートンのイマジネーションが爆発した、ぶっ飛んだ内容でしたが、結構好きな作品です。

DSCF0404-a.jpg

デザインは、ポスターにもよく使われたポーズを見事に再現。ヘッドノッカーは、普通はタテに首が揺れるんですが、このビートルジュースはタテよりも、横に首を動かした方が面白いんです。
ふう~、給料前なのに。(自業自得でしょ!)もう明日は何処へも行けません。
そうだ、映画でも観て過ごそう!って、それじゃいつもと一緒じゃなですか……。

2008-07-01

イリス、買います!

昨日の休日、立ち寄ったショップで買っちゃいました。
こんばんは、ロッカリアです。
イリスですよイリス。このフィギュアのシリーズで唯一持っていなかったモノ。もうこの手のオモチャは買わないようにしようと決めていたんですが、やっちゃいました。

DSCF0232.jpg

ま、小さいから置き場所にも困らないし(言い訳は見苦しいわよ!って、誰の声?)
もちろん、イリスは「ガメラ3」に登場する邪神、ですが、この映画を見る限り、ガメラとイリス、一体どっちが破壊王なのって聞きたくなるぐらい2匹?(2頭?)は街を壊しまくります。

DSCF0233.jpg

監督の金子修介の演出は凄い。怪獣は破壊してこそ怪獣なのだ。後に「ゴジラ」も手がける事になるのだが、「ハム太郎」と2本立てになると聞いた金子は、大人気なく「ハム太郎」を見に来た子供を怖がらせようと、関西弁で言う「えげつない」演出をしていたよなあ……。(ロッカリアも劇場に見に行きましたが、効果はあったようです)
まもなく公開予定の「ギララ」も、前売りチケット買おうか迷ってます。この映画以上の日本特撮映画が今後出来るのか、心配になるぐらい良くできた作品です、よね。

Copyright (C) ラジオ・ヒッチコック. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。