--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-15

『噂のモーガン夫妻』『デート&ナイト』事件に巻き込まれる二組の夫婦


噂のモーガン夫妻1【噂のモーガン夫妻】コレクターズ・エディション [DVD]
夫は全米屈指の敏腕弁護士。妻はマンハッタンの不動産女王。
週刊誌の表紙を飾ることも珍しくないこの2人は、人もうらやむ完璧な超セレブカップルだった。
夫の浮気が発覚するまでは…!冷めきってしまった妻の気持ちを、なんとか取り戻そうと関係の修復に必死な夫。ある夜、そんな2人を思わぬ事態が襲った--殺人事件を目撃してしまったのだ!微妙な関係の中、夫婦は一緒に証人保護プログラムによって姿を消すことになったのだが!?

デートデート&ナイト [DVD]
NYで暮らす倦怠期のフォスター夫妻は超人気レストランを訪れるも、満席で意気消沈する。だが予約席の人物が来店しないのをいいことに、その名を名乗って勝手に席をいただくことに。優雅にディナーを楽しむ彼らだったが、突然謎の男たちが現れて「ブツを返せ!」と、銃を突きつけてきた!この席を予約していたヤバい連中と人違いをしているらしい。何とかその場を切り抜けて街中を逃げ回るハメになった夫婦は、やがてマフィアや警察までもが絡む大きな事件に巻き込まれてゆき……。



こんばんは、ロッカリアです。
よく似た内容の映画を2つ。
ヒュー・グラントとサラ・ジェシカ・パーカー扮するモーガン夫妻は、殺人現場と犯人を目撃したために、ワイオミングの田舎に移される。
この田舎町で、人々との触れ合い、大自然の素晴らしい環境を目の当たりにして、夫婦と言うものを考え直す。
だが殺人犯は、必要にモーガン夫妻に必要に迫ってくるが……。

一方、スティーブ・カレルとティナ・フェイ扮するフォスター夫妻は、郊外からNYのレストランにやって来た事から事件に巻き込まれる。
お互いの友人たちが離婚することになり、仕事、子育てに疲れ気味のフォスター夫妻は、洒落たレストランで夫婦の絆を深めようとするが、他人に成りすました事から事件に巻き込まれる。
銃を突き付けてきた二人組が刑事だと言う事も分かって、逃げ込んだ警察からも抜け出し、夜の見知らぬ大都会を彷徨うことになる……。
この、夫婦が事件に巻き込まれる事によって、絆を取り戻して行く設定だが、都会から田舎へと向かったモーガン夫妻、郊外から都会へと向かったフォスター夫妻。
舞台は真逆だがシチュエーションは非常に似ている。
さて、このよく似た作品、どちらが面白かった?と言うと、ズバリ『デート&ナイト』だ。
モーガンの方は滞在期間が一週間と長いのに対して、フォスター夫妻は、一晩の間に悪夢のような出来事が次から次へと起こる。
以前『アフター・アワーズ』の時にも言ったが、この、たった一晩の間に押し寄せる様々な出来事に対処して行く、と言うシチュエーションがたまらなく好きで、何故か不思議な感覚が伴う。
これはおそらく、中学時代に読んだ眉村卓氏の小説、「あの真珠色の朝を…」(確か短編集だったと思う)がゼロ・ポイントになっている。(この小説&眉村卓氏の話は、近く海賊盤の方で書く事にします…)
少し脱線しましたが、どちらも着地点は一緒なんだけど、『デート~』の方が、際立ってギャグや笑いのセンスがいい。
ヒューは英国的ユーモア(モンティ・パイソンは別格として)で、スティーブ米国式お下劣ギャグで笑わせてくれるが、注目すべきはスティーブの奥さんを演じたティナ・フェイと言う女優さんだ。
美人だし、普通の女優さんなら少しためらってしまうお下劣な事も平然とやってのける。
調べてみると、元々TV界出身のコメディ役者さんで、自ら脚本も手掛ける才女だ。
一方のサラはと言うと、どー見てもコメディ向きではないような気がする。
『噂~』の方はコメディ映画ではないが、ロマコメと言えるので、あえてサラの事を評してみた。
しかし、コメディ要素が強いものの、『デート~』の方はアクションも頑張っていて、これが日本では未公開になってしまうというのだから、担当者は一体映画の何処を見て配給を得るのだろうか?不思議だ……。
アメリカでは遥かに『デート&ナイト』の方が稼いでいるのだ。
ちなみに、『噂のモーガン夫妻』はハイビジョンで、『デート&ナイト』の方はDVDでの視聴でした。
おすすめは勿論『デート&ナイト』の方ですよ、お間違いなく!

スポンサーサイト

コメント

ロッカリアさん、こんばんわですー。
『デートナイト』(原題)はかなり興行収入と面白さが反比例していないと思いますが、『噂の~』よりはいいでしょうねー。
というか、茶栗鼠的にはヒュー・グラント出演作品は何だかんだ言って、合わないんだなぁと。サラ・ジェシカパーカーさんもあわないと思いますし。ラヴコメは『メリーに首ったけ』がパッと出てきますし。

Re: 茶栗鼠さん。

コメントありがと。
最近は、ジム・キャリーの映画が新作で登場しないのが寂しいね。
『エース・ベンチュラ』のシリーズなんてとても面白かったんだけどなぁ。
まだまだ老ける歳じゃないから、もっともっとハチャメチャなコメディで楽しませて欲しいね。
ヒュー・グラントの場合、相手が誰になるのかで、かなり印象が違ってくるので、彼の映画はまず誰と共演しているかに注目。
サラの場合は、初めから想像通りの結果でした…。残念!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rockaria.blog71.fc2.com/tb.php/664-584cc71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ラジオ・ヒッチコック. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。