--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-17

『新シャーロック・ホームズ:おかしな弟の大冒険』 ハハハ。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画、初見だと思って観たら、所々の場面を見た記憶があるので、どうやら過去にも見ているらしい……。
取りあえず、音声は英語にして、日本語字幕で見てみる。

1891年のイギリス。
ビクトリア女王から重要書類を預かったレッドクリフ卿だが、大切にしまって置いた金庫の中から盗まれてしまう。
すぐさまホームズに依頼するが、ワトソンと二人で旅行に行ったと見せかけて、秘密の調査をすることに。
その間、弟のシガーソン(ジーン・ワイルダー)が、ロンドン警視庁のサッカー警部( マーティ・フェルドマン)と共に表舞台で派手に調査すると言う仕組みだ。
そんな二人の元に、歌手のジェニーと名乗る女が、「ゆすられているので助けて欲しい」と訪れる。
実は彼女、レッドクリフ卿の娘だと告白するのだが……。
事件には、兄シャーロックの宿敵であるモりアーティ教授が深く関わっている事から、どんどんややこしくなって行く……。
ミステリー要素はあくまでも軽く、コメディ色を強めた作品と言えるが、正直なところ平凡な仕上がりになっている。
ところが、このDVDには故・広川太一郎氏の日本語吹き替えが収録、選択できるのだ!!!



DSC00278.jpg


一回目はノーマルで見た。
しかし、当然のごとく続けて二回目には、吹き替えで見ちゃったりなんかして、この~。
面白い見方を一つ提案しておこう、とかなんとか偉そうなこと言っちゃって~。
音声は当然広川氏verにするが、日本語字幕はオンのままにして見るのだ。
同じ日本語でもかなりのギャップがあって楽しめる、なんて職業軍人見たいなこと言っちゃったりして~。

なかでも、当時日本流行語大賞がもしあったら、間違いなくグランプリを獲得したであろう、「このウソつき、べったら漬け!」は感涙ものだ!
この吹き替え版(?)は、同じ作品だが完全に別モノである。
広川氏のアドリブ攻勢に、当時の共演者はかなりの苦労を強いられたんじゃないだろうか。
今振り返ってみると、広川氏の天才的なアドリブは名人芸である。
間違いなく平凡な作品を、ワンランク上に引き上げている。

今の時代に見る広川太一郎氏の吹き替え映画は、昔を思い出して何とも懐かしい、過去からのステキなプレゼントである……、とかなんとか、ノスタルジーに浸っているんじゃないよ、コノ~!(笑&涙…)




スポンサーサイト

コメント

ホームズ関係の作品って

たくさんあるんですねぇ。これは全然知りませんでした。

>「このウソつき、べったら漬け!」は感涙ものだ!

そういうのがむかし流行っていたんでしょうか?
広川氏って誰かなぁと思って調べたら、わたしの苦手なひとでした。作風が合ってる時はいいんですけど、合ってない時もあるんで・・・ゴメンネ。
それで、「ちゃったりなんかして、この~。」みたいな文章だったんですね~。納得です。

ところで、今月も「ブログDEロードショー」を開催いたします。
作品は・・・説明いらないですよね(笑)
観賞日は2月25日(金)~27日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
よかったら、今月もぜひ皆で一緒に映画を楽しみましょう~♪

Re: 宵乃さん。

お返事遅くなりました。
広川太一郎さんは個性が強くて、昔から合う人と合わない人に分かれてました。
【ブログDEロードショー】ですね、了解しました。
短くてゴメンちゃい!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rockaria.blog71.fc2.com/tb.php/665-6b31fa1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ラジオ・ヒッチコック. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。